20代なのにほうれい線が…20代のほうれい線の消し方

20代なのに、ほうれい線が出来てしまった…

どうやって消せばいいの?

ほうれい線は、見た目の印象を大きく変えてしまうだけに、

なんとか早い段階で対策を取りたいですよね。

健やかな美肌を保つためには、20代からしっかりと自分の肌と向き合う事が大切です。

今回は、「20代なのにほうれい線が…20代のほうれい線の消し方」を紹介します!

この記事を参考に、ほうれい線対策を始めてみましょう!

ほうれい線が20代で出来る原因

ほうれい線の原因は加齢だけと思っていませんか?

実は加齢だけが原因ではなく、様々な要因が重なり合って起こっているのです。

ここでは、20代でほうれい線が出来てしまう原因をお伝えします。

肌が乾燥している

「肌老化の3大原因」の一つである乾燥。肌の乾燥は、肌老化を加速させる大きな原因です。

肌の潤い不足が乾燥を引き起こし、そこからシワ・たるみなどの肌トラブルへと変化させてしまいます。その「たるみ」こそが、ほうれい線をより目立たせてしまうのです。

特に乾燥肌タイプの方、空気の乾燥した冬場には注意が必要です。

紫外線対策を行っていない

お肌の大敵である「紫外線」。紫外線が肌に与えるダメージは相当なもので、シミ・シワ・たるみ・乾燥など、多くの肌トラブルを抱えてしまいます。

肌奥の真皮には、ハリや潤いを保つ「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」があり、それらを生成する働きを持つ「繊維芽細胞」があります。

しかし紫外線は真皮にまで到達し、繊維芽細胞の生成機能を著しく低下させてしまいます。その結果、ハリ・弾力・潤いが減少し、ほうれい線が出来てしまうのです。

無理なダイエット

無理なダイエットによる急な体重の減少・増減の繰り返しは、皮膚の収縮が追い付かず、肌に「たるんだ印象」を与えます。

食事制限による「たんぱく質不足」。肌に十分な栄養が届かず潤い・弾力が減少する原因となり、不健康な印象を与えてしまいます。また、たんぱく質不足は「表情筋」などの筋肉の衰えにも影響を与えます。

生活習慣の乱れ

美肌に必要な細胞の活性化を妨げる原因です。

  • 偏った食事
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • ストレス
  • 運動不足

これらの生活習慣の悪化は、肌本来の機能を乱だす原因となります。

表情に動きがない

長時間のパソコン作業など、表情に動きがない状態を長く続けていると、口周りの筋肉のたるみや、目下のたるみにも影響します。

20代から始めたい、ほうれい線対策!

30代・40代・50代と、ハリと潤いのある美肌を保つ為には、20代からのほうれい線対策が必須です。

栄養バランスの取れた食事・質の良い睡眠など、生活習慣の改善はもちろんの事、早い段階から美肌対策を行う事で、様々な肌トラブルを未然に防ぐことができます。

保湿はたっぷり

保湿はたっぷりと!肌に潤いを十分に与える事で、ハリ・弾力のある肌を保つことが出来ます。

肌の奥まで潤いを届けるセラミド入りの化粧品や、エイジングケア成分入りの商品がおススメです。

化粧品を見直したいけど、どのような化粧品が選べばいいの?

「ほうれい線の基礎化粧品の選び方」についても解説しています。

こちらの記事もぜひ、参考にどうぞ!

肌本来の機能を高めてくれる!
厳選された化粧品のおすすめランキングはこちらです!

>>ほうれい線を消す化粧品おすすめランキング!

紫外線対策

紫外線のダメージが長く蓄積すると、肌細胞に深刻な影響を与えてしまいます。

そうならない為にも、紫外線対策は必須です。

紫外線対策は一年中

紫外線対策は夏だけと思っていませんか?

紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいます。

冬や曇りの日でも、紫外線対策は忘れないことが基本です。

特に4月から10月の紫外線の多い時期は、活動するシーンによってSPF・PAの度数を使い分ける事が必要になります。

PA(紫外線A 波) 肌奥までダメージが届き、コラーゲン・エラスチンの性質を変える。シワ・たるみの原因。
SPF(紫外線B波) 肌表面を傷つけ、赤く炎症を起こす。シミの原因。

紫外線対策クリームは2度塗りが基本

日焼け止めは、しっかり塗ることが大切です。

特に紫外線量の多い時期は、2度塗りで対応しましょう。

SPF50&PA++++のクリームだからといって、少量をサッと顔に塗っただけでは、本来の紫外線対策の効果を得る事ができません。

10円玉くらいの量を手に取り、ゆっくりと顔全体に丁寧にぬります。

これを2度繰り返し、その上からメイクを行いましょう。

また時間が経過すれば、紫外線の効果も弱くなるので、繰り返し塗る必要があります。

特に夏場は帽子・サングラス・日傘などをプラスして、紫外線をダブルでブロックするとよいでしょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ

長時間のパソコン作業など、人と話す機会が少ないと、表情筋を鍛える事はできません。

一日3分の簡単エクササイズで、表情に動きを与えましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ!毎日の積み重ねが、ほうれい線解消に役立ちます!

>>【簡単3分!】ほうれい線を無くす顔のエクササイズ

■まとめ

いかがでしたか?

ほうれい線が出来てしまう理由は、加齢だけが原因ではありません。

知らず知らずのうちに蓄積された、紫外線ダメージ・潤い不足・ストレスなどが、ほうれい線となって現れるのです。

しかし、まだまだ20代!早い段階で美肌対策を行えば、ほうれい線の解消に大きく役立ちます!

その為には、20代からの基礎化粧品の見直しが必須です!

化粧品を見直してみたいけど、

どのような基礎化粧品を選べばいいのか?

迷われている方には、

ほうれい線・乾燥肌対策、化粧品の選び方についても解説しています。
>>ほうれい線を消す化粧品おすすめランキング!

こちらの記事もぜひ、参考にして下さい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。